スポンサーサイト

  • 2014.03.26 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


がん保険をよく理解しよう

保険にもその対象や目的によっていろいろな種類がありますが、ここでは保障の対象をがんに限定したがん保険のについて見ていきましょう。

がん保険はがんの治療を目的とした入院や手術をした場合に保障してもらえる保険で、保障の対象はがんに限定されます。
その分、幅広く保障される医療保険に対して、保険料が安く抑えられているわけです。

がん保険を契約するにあたって注意したいのは、がん保険は加入して最初の90日間は免責期間といってこの間にがんに罹っても保険金は支払われないことです。

さて、がん保険といいますと、少し前まではアヒルのCMでおなじみアメリカンファミリー生命が主力でしたが、現在はいろいろな保険会社からも発売されています。
それぞれに特色がありますので、何社か対比しておのおのの特徴を見極めてくださいね。

また自分が現在加入している保険について、「保障はどうなっているの?」「こんなときには保険金が支払われるの?」と具体的に詳細まで把握していますか?
これを契機に、今一度よく理解しておいて下さいね。 

会社勤めの生命保険の選び方

保険ファイナンシャルプランナーによっても意見は違うかもしれませんが、一般的に生命保険の選び方で提案していることは国民共済や、全労災のような営利目的ではない保険を選ぶことです。

会社勤めをしている人の生命保険の選び方は、家族みんなが加入できる会社の共済保険が良いでしょう。
勤め先によっても違いますが、会社の保険は安い掛け金で大きな保障を約束してくれます。
ほとんどの場合は掛け捨てです。
余剰金は加入者に還元されます。
ただし、加入できる年齢が65歳くらいまでです。

生命保険の途中解約は損

生命保険の種類はますます多くなり、どの保険の種類にするかといった選び方が大切になってきました。死亡保険といわれるものには、終身保険、定期保険、養老保険があります。

生命保険を途中で解約することはとても損をすることになります。
生命保険は続けてこそ保障が受けられるようになっていますから、今まで積み立てた掛け金はまったくといいほど返ってきません。
そのため、生命保険の選び方を間違えないよう、じっくり検討することが大切です。

終身保険という生命保険

終身保険という生命保険については解約すれば解約払い戻し金が戻ります。
養老保険という生命保険は期間が決められていますが,満期になった時点で被保険者が生存していたら満期保険料という保険金と同じ額が支払われる形の生命保険になっています。
どの生命保険についても,いざという時に困ることのないように予め自分に合った生命保険に加入しておくことが大切です。 

人に対してかける保険

 『生命保険』とは、
色々な保険がありますが,その中でも生命保険とはその名の通り人に対してかける保険です。
病気や怪我や事故などによって傷害を負ったり入院したりまた死亡した時などの
万が一の時のためにかけるものが,生命保険です。


がん保険の特徴

「がん」という特定の病気に関しての補償が,さまざまな角度から充実している保険が,
がん保険です。このがん保険にはいろいろな特徴があります。まず,がん保険というものは,最初に一時金と呼ばれるまとまったお金が出ます。これは,がんであると医師に診断された場合や入院をした場合などに,比較的早い段階で,がん保険により一時金を支給することによって,がん保険の被保険者に,健康保険の対象外の先進医療や民間医療などを選ぶ余裕を持たせることができるようになっているのです

がん保険の給付金は,入退院をくり返しても支払われるということも,がん保険の特徴です。がん保険では,支払いの限度日数が設けられていません。つまり,がんで入院をした場合には,入院した日数の給付金を受け取ることができるので,長期の入院や入退院をくり返す時にも安心の保障となっています。がん保険の加入の対象となるのは,初めてがんにかかった人なので,既にがんだと診断されたことがある人はがん保険に加入することはできません。また,3ケ月ほどの待機期間がある場合が多いので,この間にがんだとわかった場合にはがん保険の加入が無効になってしまうので注意が必要ですね。

楽天、生命保険に関する調査

楽天サーチ蠅生命保険に関するインターネット調査を実施したそうです。その結果、生命保険への新規加入・見直しを検討していること人が約60%もいるんだそうです。また、新たに生命保険を検討する時は、生命保険加入手続きもインターネットで行う意思のある人がたくさんいることがわかったとのことでした。

楽天リサーチ登録モニター(約136万人)の20代から60代の男女1,000人を対象とした。主な結果は以下のとおりである。
【調査結果】
今回の調査では、約6割の回答者が、生命保険への新規加入、もしくは見直しを検討していることが判明した。また、新たに生命保険を検討する際には、情報収集だけでなく、加入手続きもインターネットで行う意思のある人が多いことがわかった。
(1)当初加入時に重視したのは、生命保険料の安さ
まず、現在の生命保険への加入状況について尋ねた。
「加入している」という回答は全体の73.3%であった。加入している生命保険タイプでは「終身保険」が52.7%ともっとも多く、次い「医療保険」が47.2%、「ガン保険」が30.8%となった。
一方で「加入していない」という回答も26.7%あり、特に20代では、ほぼ半数(男性51.0%、女性49.0%)が生命保険未加入であることがわかった。
加入経路は、「営業職員」(49.9%)がトップで、以下、「生命保険会社のライフプランナー」(14.4%)「生命保険代理店の窓口やセールスパーソン」(12.6%)と続いている。「現在加入している生命保険を検討するときに何を重視しましたか」という質問では、「支払生命保険料の低さ」が43.8%でトップ。とくに30代女性では、およそ6割(58.9%)が、同回答を選んでいる。以下、「生命保障範囲の大きさ」(34.1%)、「生命保険会社の信頼度」(27.3%)という結果となった。
(2)生命保険加入後のコミュニケーションに不満
次に、現在加入している生命保険に関する満足度を調査した。
生命保険全般に関しては、「非常に満足」と「ある程度満足」を合わせた"満足層"が半数(49.6%)となっているのに対し、「やや不満」「非常に不満」を合わせた"不満層"は11.3%にとどまっている。《楽天、生命保険に関する調査インターネットが主流◆佞愨海  (出典:JCN NETWORK より)

生命保険協会と一般消費者の関係





生命保険協会では,東京に「生命保険協会本部」をおき,生命保険相談所を設置している以外にも,全国の生命保険協会の地方事務室などに相談連絡所と呼称される相談室を設けていて,生命保険の契約者や一般消費者からの生命保険に関する相談や照会,苦情なども生命保険協会で受け付けています。

さらに生命保険協会では,「助け合いの精神」であること基づき、生命保険という業務のバックボーンとし,介護福祉士養成奨学金制度を設けたり子育て家庭支援団体に対する助成活動を行うなどの,社会貢献活動も行っています。

クレディ・アグリコル生命保険、生命保険市場に新規参入

我が国へ、生命保険会社が新規参入しましたね。
クレディ・アグリコル生命保険会社が生命保険業の免許を取得しました。フランスのバンカシュアランスNo.1生命保険を保有する金融グループが日本市場に進出したのですから、ほかでもなく日本の生命保険業界の熾烈な競争がさらに厳しくなっていきますが、一体生命保険はどうなっていくのでしょうか? 

クレディ・アグリコル生命保険株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:リチャード・サットン)は、金融庁より日本での生命保険業免許を取得し、変額個人年金保険商品の販売を開始しました。
総資産1兆3,807億ユーロ(約218兆1,500億円※1、2005年度世界第7位※2)を有するクレディ・アグリコル・グループが、本年末に予定されている銀行窓販全面解禁を見据え、新たに生命保険会社を設立いたしました。これは、日本国内の生命保険会社としては、約5年ぶりの新規参入になります。
欧州市場で築いたバンカシュアランス(銀行窓口における生命保険販売)分野の実績およびその生命保険ノウハウと、日本におけるグループ会社の提携関係を活用し、日本のバンカシュアランス分野でトップクラスを目指して参ります。(※1:2006年12月末現在。1ユーロ=158円で換算。※

かんぽ生命保険、簡保即時払い縮小へ

請求したその日に郵便局で生命保険金を受け取れる即時払いの特徴を利用し、例に漏れずこの生命保険に加入しております。今後、全体的に民間生命保険との競合がはじまり、生命保険は一体どのようになっていくのでしょうか。興味深く生命保険をウォッチしていきたいものです。

郵政民営化で発足したかんぽ生命保険が簡易保険の特徴である「即時払い」の適用範囲を縮小する検討に入った。金融庁が生命保険審査の強化を求めており、官業特有の商品設計を見直す。かんぽ生命保険は民営化後に生命保険金の限度額を引き上げるとともに商品の品ぞろえも拡大する方向。生命保険金支払時の審査を厳密にすることで、顧客管理の体制を整え収益基盤の確立にもつなげる。
簡易保険は職業による加入制限が無く、加入時に医師による診断が不要な生命保険。請求したその日に郵便局で生命保険金を受け取れる即時払いが、契約獲得の有力手段だった。民営化後はかんぽ生命保険が日本郵政公社から事業を引き継ぐ予定で、準備会社が事業計画を詰めている。(出典:日本経済新聞より)