スポンサーサイト

  • 2014.03.26 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ネット利用の保険と中古車査定・相場

インターネットの自動車保険比較サイトには、保険の窓口インズウエブや、保険スクウェアbangなど、7社以上あります。
それぞれのサイトには、自分の現在の自動車保険状況を調べるサイトを持っています。
現在の自動車保険証書、それに免許証や車の車検証が必要となります。

同じように中古車査定するケースでも、インターネット利用は大いにメリットがあるんではないでしょうか。
自動車の買い替え予定のとき、損をしないかどうか不安になるのは、車の査定相場で、H19年式ekワゴンh81wの査定相場 をチェックしておきたいですが...。
相場を先に知っておけば、新車購入時の下取り価格を交渉する場合にも都合よく、安心して車を売却し、有利に新車への買い替えができるでしょう。

申込みはインターネットで簡単入力し、約3分で終わります。
車を最高額で売るには? 
カービューのネットワークが競争入札でき、各社の査定が24時間以内にラクラク比較できます。 

自転車事故に対応する保険

自転車に乗っていて、自動車にはねられて大けがということもありますが、逆に自転車に乗っていて歩行者にぶつかって、大けがをさせてしまうこともあります。
スピードは出ますし、歩行者にとっては十分に危険な存在です。
ケースによっては、死亡事故にだってなる可能性があります。
このように自転車での事故というのは複雑です。

特に自転車のユーザーには、自転車に対しての危機意識が軽薄な人が多いようです。
問題なのは自転車には、自動車のような自賠責保険の制度がなく、事故を起こした人が、十分な賠償能力を持っているとは限りません。
このようなことが自転車事故の問題を、さらに複雑にさせているともいえるのです。

自転車保険というものがあります。
あくまで任意保険として存在している保険なのですが、大まかな保障内容ですが、自転車に乗っているときのケガの補償と、自転車に乗っているときの損害賠償事故が、補償の対象になるものが一般的です。

自転車保険以外にも他の保険で対応することが可能で、交通事故傷害保険や普通傷害保険でもある程度なら可能です。
その場合は最低でも、個人賠償責任保険が付いているかは確認しましょう。
これは自動車保険や火災保険などの特約でも、付けることが可能でしょう。


 


レジャー保険


◆山岳保険とは

登山やハイキング、自然を眺めると言うことはたいへんすばらしいことです。
しかしその一方で、登山やハイキングなど山岳レジャーには、常に危険が伴います。

・獣道に迷い込んで道が分からなくなってしまった
・登山中に暗くなってしまい帰れなくなった
・野生動物のなかには毒を持った蛇などもいる
・急な斜面で滑り落ち足を痛めて動けなくなる
・高山病や熱中症

など数え始めればきりがありません。
そんなときでも基本的には自力で、または一緒に来ている仲間で何とかするしかありません。
遭難してしまった場合、捜索隊やヘリコプターが救出してくれるかも知れません。

しかし、ヘリコプターや捜索にかかった費用は親族の所に請求されることになります。
しかもヘリコプターを稼働させるのにはとてつもない金額がかかります。
それを全て自力で負担するのは困難でしょう。

そこで、山岳保険に加入しているとそういった捜索費用などの全額、または一部を保険で支払うことができます。
以前は団体向けの保険がほとんどでしたが、最近になって個人用の保険商品も出始めています。
まだ数が多くないので選択肢は少ないですが、やはり登山に出るのであればそういったことは必要になるのではないでしょうか。

自動車保険のノーカウント事故扱い

事故によっては、自動車保険を使用しても、等級も保険料も据え置かれる場合があります。
これはノーカウント事故扱いとよばれ、
・無保険車傷害保険に係る事故、
・搭乗者傷害保険に係る事故、
・人身傷害補償保険(特約)
に係る事故がこれに当たります。

自動車保険で、万が一事故を起こしてしまった場合、もしも損害の負担額がごくわずかであれば、保険を使わずに自腹を切ったほうが、次の年の保険料との兼ね合いから長期的に見ると安上がりとなる場合も少なくありません。

自動車保険特徴の等級制度

自動車保険の等級は1〜20等級まであります。
新規で加入すると6等級です。そして1年間保険を使わなければ1等級数字が大きくなり、保険料は安くなっていく仕組みになっています。
事故を起こしてしまうと3等級ダウンします。

自動車保険も生命保険も、付帯する条件によって保険料が増減しますが、自動車保険ならではの大きな特徴があります。
それが等級制度です。
単純に考えると優良ドライバーほど支払っている保険料は少なくて済む、ということです。

自動車保険の変更

◆自動車保険の変更
当然のことですが、自動車を買い換えた場合はすぐに保険会社に連絡して車両入れ替えの手続きをしましょう。
もしも車両入れ替え手続きを忘れてしまうと、新しい自動車は保険に入っていない状態になってしまいますので当然ですが、事故をおこしても保険金はおりません。
そうなってくると、非常に困ってしまうのは貴方自身です。


自動車保険一括見積もりサービス

◆自動車保険一括見積もりサービス
まずはどこの保険だとどのくらいの値段でどのようなサービスが受けられるのかと言ったことを調べることが必要です。
とはいえこれではかなりの時間と労力が必要になってしまいます。インターネットでの見積もりも可能ですがそれでも一つ一つ保険の見積もりをしていては大変です。
実はこれを一度にできる方法があるのです。これを自動車保険一括見積もりサービスと言うのですが、この自動車保険一括見積もりサービスを使うとまとめていくつかの保険会社から見積もりをとってくることができます。
そして、一通りの見積もり情報を集めたらどの自動車保険が最も便利でサービスが良いかなどを良くチェックして改めて保険申し込みや問い合わせをしてみましょう。 

リスク細分型自動車保険

最近では、規制緩和が進み外資系保険会社の自動車保険業界への進出も盛んです。
最近ではリスク細分型自動車保険と呼ばれる、車種・ドライバーの年齢・事故暦・性別・運転暦・免許証の色・使用目的・走行距離・安全装置・地域などなど、リスク要因を細かく分けた自動車保険も登場しています。
従来の代理店を持たないネット専業の自動車保険会社も登場しています。
消費者としては賢く自動車保険を選択していきたいものです。


ドライバー保険

JUGEMテーマ:車/バイク
万が一に備えて入っておくこととよい任意の自動車保険には大きくわけて4種類あります。
自家用自動車総合保険では自家用車を対象にこれらの任意保険がワンセットになっています。
自動車総合保険では自家用・営業用を問わず、車両保険以外の任意保険がセットになっています。自動車保険では任意保険をある程度自由に組み合わせることが出来ます。
ドライバー保険は自動車を持っていない人が他人の自動車を借りて運転するときの保険です。

バイク保険

バイク用に加入する自動車保険のことを,俗称でバイク保険と呼んでいますが,このバイク保険は,自動車保険の一種です。自賠責保険では補償できない部分を,総合的にカバーする保険がバイク保険となり,このバイク保険では,自賠責の保険では足りない部分を補ったり,事故などで自分自身が負傷した場合などいろいろな目的の保険があります。

基本的に,自動車にかける任意保険と同じ内容が多いのですが,バイク保険と通常の自動車保険とでは,加入できる保険のタイプが限られている場合や,いろいろな特約などに違いがある場合があることがあります
例えば,バイク保険の搭乗者傷害補償保険に関しては,バイクというものの事故のリスクが大きいことを考慮して,バイク保険の補償額には制限がある場合があります。

また,自動車では補償される車両保険ですが,バイク保険では盗難について補償されない場合が多いです。
このように,基本的にバイク保険と自動車にかける自動車保険とはさほど違いはありませんが,バイクというものの特性からバイク保険にはいろいろな制限があることがわかります。しかし,バイクの事故というものは,時として大怪我を負うこともあるものです。バイクを運転する人は,バイク保険に加入しているほうが安心だといえるでしょう。

selected entries
links
categories
sponsored links