スポンサーサイト

  • 2014.03.26 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


介護保険制度と国民健康保険

介護保険制度は、自分または家族について介護が必要になった時に支えてくれる制度です。
しかし、国民健康保険の保険料の高騰が取りざたされている現在、国民健康保険の保険料自体の滞納者が多いのも事実です。
それにともなって介護保険の財源の確保も難しく、見直しが求められる制度であるともいえるでしょう。 

21世紀の日本は少子高齢化が進んでいます。
一方高齢者が社会の中で多数を占めてきている現代では、高齢者を社会自体が支えていく必要があります。
しかし、介護が必要な高齢者もいますし、高齢化が進むほど、介護が必要な高齢者の数も増加することが予想されます。
そのような社会に対応するように、新たに2000年に創設されたのが介護保険制度です。

介護保険の財源は、
1、第1号被保険者(65歳以上の人)の保険料・・・・・・・・・・・・・・18%
2、第2号被保険者(40歳から64歳の人)からの保険料・・・・・・・32%
3、国からの助成金・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25%
4、地方自治体からの助成金・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25%

40歳から64歳までの人は、各々が加入している医療保険の保険料に、介護保険料が上乗せされます。
したがって会社の健康保険加入者や、共済組合加入者はその保険料から、また、国民健康保険加入者は、国民健康保険料から介護保険料もあわせて納めることになります。
なお39歳までの人は、介護分の保険料負担はありません。


国民健康保険団体連合会

国民健康保険法の第83条は以下のようになっています。

1.保険者は、共同してその目的を達成するため、国民健康保険団体連合会(以下「連合会」という)を設立することができる。
2.連合会は、公法人とする。
3.連合会は、その名称中に「国民健康保険団体連合会」という文字を用いなければならない。 

国民健康保険団体連合会とは、国民健康保険法の第83条に基づいてつくられた法人のことです。
会員は保険者(市区町村や国保組合)が共同で、国民健康保険事業の目的を達成するために必要なことをします。


この国民健康保険団体連合会を通称、国保連合会とか国保連ともいいます。
国民健康保険団体連合会は、国民健康保険の持つ地域医療保険としての特性を生かすために、各都道府県に1団体、計47団体設立されています。


国民健康保険団体連合会の構成員は、国民健康保険の保険者である市町村及び国民健康保険組合です。
その区域内の三分の二以上の保険者が加入したときは、その区域内の保険者のすべてが会員となります。
業務は多岐にわたります。

審査支払業務、事業振興、保健事業、広報宣伝、保険者レセプト点検事務支援、損害賠償求償事務、育成指導、協議会、保険財政安定化事業及び高額医療費共同事業、 保険者貸付事業、保険者事務共同電算処理業務、妊婦・乳児健康診査委託料審査支払事業、介護保険事業、障害者自立支援給付費等支払事業。


看護師の求人情報

求人情報を見ていると、看護師の求人情報にも正社員と派遣社員があったりします。
その大きな違いは、雇用主が違うことがあげられます。 看護師 福利厚生 研修充実 求人
最近では、常勤看護師より、契約社員、パート職の求人も増えてきているようです。
それは、常勤であると勤務時間、日数、夜間勤務などの雇用条件が契約社員やパート職に比べてきつい場合もあったり、実際にする仕事内容も責任のあることを任せられることが多いので、それを敬遠する人が増えてきているのも、背景にあるのでしょう。

自分の探していた条件にあった看護師の求人情報を見つけた場合、すぐにでも履歴書を作成しましょう。
履歴書には、顔写真が必要です。
顔写真は、看護師という職種なので、清潔感や、健康的なイメージが必要になってきます。
印象のよい写真を撮ることが重要です。
スピード写真ではなく、写真館などで、撮影することが望ましいでしょう。
スピード写真は少し暗い印象になることがあります。

介護保険施設

 【介護保険】は介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保険施設(老人保健施設)、介護療養型医療施設(療養型病床群等)の3種類に分かれていて、都道府県知事が指定している介護施設の総称です。

【ケアハウス】は、医療法人や公益法人、農協にも運営が認められている施設で、軽度の障害認定があるかた、または一人で生活する事が少し不安で、家族による援助が困難な方々が対象となっています。


【介護付き有料老人ホーム】は、有料老人ホームの分類に分けられる施設の一つで、介護サービスや、食事サービスなどのサービスが供給される高齢者向けの居住施設の事を言います。この施設は各都道府県から指定を受けると認められる施設である。介護が必要になったとしても介護保険で給付されている居宅介護サービスを受ける事が可能となっています。この指定を受けていない施設については、「介護付き」と表記する事が出来ませんのでご注意ください。


【軽費老人ホーム】は老人福祉法に基づき、食事や入浴などの生活に関するサービスを提供する施設の事を指していて、無料または低価格の料金で高齢者が入所する事が出来ます。老人ホームの主体者は地方公共団体および社会福祉法人で、利用方法は、入所者と経営者との契約により決定されます。


【健康型有料老人ホーム】とは、有料老人ホームの種類で、食事などのサービス提供が付いた高齢者向けの居住施設です。介護付き有料老人ホームと違う事は、要介護者になり、介護が必要になった場合は、契約を解除してホームを退去しなければならないという事です。


介護保険サービス


介護保険サービスこのほかに、【認知症対応型共同生活介護】、【特定施設入所者生活介護】、【福祉用具貸与】、【短期入所介護(ショートステイ)】、【訪問介護】【護福祉施設(特別養護老人ホーム)】があります。

【居宅介護支援】
ケアプランという介護サービス計画の作成や、そのサービスを提供する事業所や機関と調整や連絡を行う事を指しています。
居宅介護を利用する利用者にケアマネージャー(介護支援専門員)が直接面談をし、またそのご家族とも相談をしながら、利用者の状態や介護サービスの希望などを考慮しながらケアプランの作成を行っていきます。
また、ケアプランを作成するのはその一度だけではなく、介護状況によって変更される事もあります。
作成されたケアプランを基にして、事業所や機関、市町村などと調整を行い進めていきます。
介護利用料ですが、無料で利用する事が出来ます。

【福祉用具購入】
厚生労働大臣が定める「居宅サービス」のうちの介護保険法で定められているもので、入浴や排泄など介護に関する用具を利用するときに購入費が助成される事を指します。
購入額は1年で10万円を限度とし、購入時は利用者が全額負担をしますが、後で購入額の9割が市町村から返還されるシステムになっています。


スポーツをする人に最適の保険

スポーツ保険にはスポーツを安心して楽しみたいという人に最適の保険です。
プランは各保険会社によりさまざまですが、いずれもスポーツ中の自分のケガや他人へのケガの補償をしてくれます。
保険期間は日帰りものから1年契約までさまざまです。
また保険料もさまざまですが、いずれもお手軽な値段になっています。

スポーツ保険知っておこう

スポーツ保険に入ったことはありますか?
一般の方であればあまり入った経験がない方が多いのではないでしょうか。
またスポーツ保険についてもご存知ない方が多いでしょう。
スポーツ保険にはさまざまな種類があるので、スポーツをされる方は知っておくと便利かもしれません。
 

selected entries
links
categories
sponsored links