<< 生命保険会社 金融庁指針改正受け不払い防止へ導入 | main | クレディ・アグリコル生命保険、生命保険市場に新規参入 >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.26 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


かんぽ生命保険、簡保即時払い縮小へ

請求したその日に郵便局で生命保険金を受け取れる即時払いの特徴を利用し、例に漏れずこの生命保険に加入しております。今後、全体的に民間生命保険との競合がはじまり、生命保険は一体どのようになっていくのでしょうか。興味深く生命保険をウォッチしていきたいものです。

郵政民営化で発足したかんぽ生命保険が簡易保険の特徴である「即時払い」の適用範囲を縮小する検討に入った。金融庁が生命保険審査の強化を求めており、官業特有の商品設計を見直す。かんぽ生命保険は民営化後に生命保険金の限度額を引き上げるとともに商品の品ぞろえも拡大する方向。生命保険金支払時の審査を厳密にすることで、顧客管理の体制を整え収益基盤の確立にもつなげる。
簡易保険は職業による加入制限が無く、加入時に医師による診断が不要な生命保険。請求したその日に郵便局で生命保険金を受け取れる即時払いが、契約獲得の有力手段だった。民営化後はかんぽ生命保険が日本郵政公社から事業を引き継ぐ予定で、準備会社が事業計画を詰めている。(出典:日本経済新聞より)

スポンサーサイト

  • 2014.03.26 Wednesday
  • -
  • 12:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

selected entries
links
categories
sponsored links