<< 国民健康保険団体連合会 | main | レジャー保険 >>

スポンサーサイト

  • 2014.03.26 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


介護保険制度と国民健康保険

介護保険制度は、自分または家族について介護が必要になった時に支えてくれる制度です。
しかし、国民健康保険の保険料の高騰が取りざたされている現在、国民健康保険の保険料自体の滞納者が多いのも事実です。
それにともなって介護保険の財源の確保も難しく、見直しが求められる制度であるともいえるでしょう。 

21世紀の日本は少子高齢化が進んでいます。
一方高齢者が社会の中で多数を占めてきている現代では、高齢者を社会自体が支えていく必要があります。
しかし、介護が必要な高齢者もいますし、高齢化が進むほど、介護が必要な高齢者の数も増加することが予想されます。
そのような社会に対応するように、新たに2000年に創設されたのが介護保険制度です。

介護保険の財源は、
1、第1号被保険者(65歳以上の人)の保険料・・・・・・・・・・・・・・18%
2、第2号被保険者(40歳から64歳の人)からの保険料・・・・・・・32%
3、国からの助成金・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25%
4、地方自治体からの助成金・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25%

40歳から64歳までの人は、各々が加入している医療保険の保険料に、介護保険料が上乗せされます。
したがって会社の健康保険加入者や、共済組合加入者はその保険料から、また、国民健康保険加入者は、国民健康保険料から介護保険料もあわせて納めることになります。
なお39歳までの人は、介護分の保険料負担はありません。


スポンサーサイト

  • 2014.03.26 Wednesday
  • -
  • 09:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク