スポンサーサイト

  • 2014.03.26 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


生命保険協会と一般消費者の関係





生命保険協会では,東京に「生命保険協会本部」をおき,生命保険相談所を設置している以外にも,全国の生命保険協会の地方事務室などに相談連絡所と呼称される相談室を設けていて,生命保険の契約者や一般消費者からの生命保険に関する相談や照会,苦情なども生命保険協会で受け付けています。

さらに生命保険協会では,「助け合いの精神」であること基づき、生命保険という業務のバックボーンとし,介護福祉士養成奨学金制度を設けたり子育て家庭支援団体に対する助成活動を行うなどの,社会貢献活動も行っています。

自動車保険の比較



自動車保険に限らず,保険というものは,沢山の商品が日々登場しているので,どの商品を選べば良いのか,どの会社を選べば良いのかなどがわからなくなりがちですね。

そこで,自動車保険に加入しようとしている時は,自動車保険の色々な会社の商品の比較が重要となってきます。

バイク保険

バイク用に加入する自動車保険のことを,俗称でバイク保険と呼んでいますが,このバイク保険は,自動車保険の一種です。自賠責保険では補償できない部分を,総合的にカバーする保険がバイク保険となり,このバイク保険では,自賠責の保険では足りない部分を補ったり,事故などで自分自身が負傷した場合などいろいろな目的の保険があります。

基本的に,自動車にかける任意保険と同じ内容が多いのですが,バイク保険と通常の自動車保険とでは,加入できる保険のタイプが限られている場合や,いろいろな特約などに違いがある場合があることがあります
例えば,バイク保険の搭乗者傷害補償保険に関しては,バイクというものの事故のリスクが大きいことを考慮して,バイク保険の補償額には制限がある場合があります。

また,自動車では補償される車両保険ですが,バイク保険では盗難について補償されない場合が多いです。
このように,基本的にバイク保険と自動車にかける自動車保険とはさほど違いはありませんが,バイクというものの特性からバイク保険にはいろいろな制限があることがわかります。しかし,バイクの事故というものは,時として大怪我を負うこともあるものです。バイクを運転する人は,バイク保険に加入しているほうが安心だといえるでしょう。

楽天、生命保険に関する調査

楽天サーチ蠅生命保険に関するインターネット調査を実施したそうです。その結果、生命保険への新規加入・見直しを検討していること人が約60%もいるんだそうです。また、新たに生命保険を検討する時は、生命保険加入手続きもインターネットで行う意思のある人がたくさんいることがわかったとのことでした。

楽天リサーチ登録モニター(約136万人)の20代から60代の男女1,000人を対象とした。主な結果は以下のとおりである。
【調査結果】
今回の調査では、約6割の回答者が、生命保険への新規加入、もしくは見直しを検討していることが判明した。また、新たに生命保険を検討する際には、情報収集だけでなく、加入手続きもインターネットで行う意思のある人が多いことがわかった。
(1)当初加入時に重視したのは、生命保険料の安さ
まず、現在の生命保険への加入状況について尋ねた。
「加入している」という回答は全体の73.3%であった。加入している生命保険タイプでは「終身保険」が52.7%ともっとも多く、次い「医療保険」が47.2%、「ガン保険」が30.8%となった。
一方で「加入していない」という回答も26.7%あり、特に20代では、ほぼ半数(男性51.0%、女性49.0%)が生命保険未加入であることがわかった。
加入経路は、「営業職員」(49.9%)がトップで、以下、「生命保険会社のライフプランナー」(14.4%)「生命保険代理店の窓口やセールスパーソン」(12.6%)と続いている。「現在加入している生命保険を検討するときに何を重視しましたか」という質問では、「支払生命保険料の低さ」が43.8%でトップ。とくに30代女性では、およそ6割(58.9%)が、同回答を選んでいる。以下、「生命保障範囲の大きさ」(34.1%)、「生命保険会社の信頼度」(27.3%)という結果となった。
(2)生命保険加入後のコミュニケーションに不満
次に、現在加入している生命保険に関する満足度を調査した。
生命保険全般に関しては、「非常に満足」と「ある程度満足」を合わせた"満足層"が半数(49.6%)となっているのに対し、「やや不満」「非常に不満」を合わせた"不満層"は11.3%にとどまっている。《楽天、生命保険に関する調査インターネットが主流◆佞愨海  (出典:JCN NETWORK より)

がん保険の特徴

「がん」という特定の病気に関しての補償が,さまざまな角度から充実している保険が,
がん保険です。このがん保険にはいろいろな特徴があります。まず,がん保険というものは,最初に一時金と呼ばれるまとまったお金が出ます。これは,がんであると医師に診断された場合や入院をした場合などに,比較的早い段階で,がん保険により一時金を支給することによって,がん保険の被保険者に,健康保険の対象外の先進医療や民間医療などを選ぶ余裕を持たせることができるようになっているのです

がん保険の給付金は,入退院をくり返しても支払われるということも,がん保険の特徴です。がん保険では,支払いの限度日数が設けられていません。つまり,がんで入院をした場合には,入院した日数の給付金を受け取ることができるので,長期の入院や入退院をくり返す時にも安心の保障となっています。がん保険の加入の対象となるのは,初めてがんにかかった人なので,既にがんだと診断されたことがある人はがん保険に加入することはできません。また,3ケ月ほどの待機期間がある場合が多いので,この間にがんだとわかった場合にはがん保険の加入が無効になってしまうので注意が必要ですね。

selected entries
links
categories
sponsored links