スポンサーサイト

  • 2014.03.26 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


生命保険会社 金融庁指針改正受け不払い防止へ導入

生命保険金の不払問題について、消費者団体に寄せられた苦情や生命保険各社の調査では、顧客が生命保険契約内容を十分に理解しないまま生命保険に加入したことが、生命保険金の不払いにつながった一番の理由としているそうです。ということだそうですが、それには、生命保険全体について十分な説明を受けなかったという苦情が目立っているようです。

生命保険、損害保険会社は、顧客が保険に加入する時に、契約内容が希望に合っているかどうか確かめる「意向確認書」の導入を始めた。
金融庁が監督指針を改正し、死亡保障商品をはじめ、がん、医療保険など第三分野商品、変額年金保険など投資性商品について、顧客の意向を書面で確認する仕組みを作るよう求めたためだ。
意向確認書の作成は、生命保険金が支払われる条件や、生命保険特約の内容などを顧客側があらためて確かめる機会にもなり、生命保険金の不払い防止にも役立ちそうだ。

生命保険業界では、日本生命保険と明治安田生命保険が4月から意向確認を始めた。
顧客が営業職員から契約内容の説明を受け申込書に記入する際、「生命保険加入にあたっての要望」を書面で確かめる。契約者は保障内容が自分の要望に合っているかどうか点検し、署名する。
第一生命保険は4月から営業職員がチェックシートを使って顧客の要望を確かめる独自の取り組みを始めた。正式な「意向確認書」は今夏から導入する予定。住友生命保険も7月から実施する。
損保各社も同じような取り組みを始めている。金融庁の指針では、自動車、火災保険といった損保商品では、意向確認書を取り交わすことは義務付けられていない。だが各社は、特約の支払い漏れや火災保険料の取り過ぎを防ぐ対策の一環として自主的に導入している。
東京海上日動火災保険、損保ジャパン、三井住友海上火災保険、あいおい損保、日本興亜損保は4月から火災保険で意向確認を始めた。6月から自動車保険でも実施している。(出典:西日本新聞より)

楽天、生命保険の調査:インターネット主流

楽天サーチ蠅生命保険に関するインターネット調査を実施したそうです。その結果、生命保険への新規加入・見直しを検討していること人が約60%もいるんだそうです。また、新たに生命保険を検討する時は、生命保険加入手続きもインターネットで行う意思のある人が多いことがわかったとのことでした。

《楽天、生命保険に関する調査インターネットが主流 佞茲蠡海。
一方、生命保険の具体的内容では、項目ごとに"満足"と"不満"が明確に分かれる結果となった。まず、「保障金額(生命保険がカバーする金額)」と「保障内容(生命保険がカバーする疾病の範囲などの内容)」の2項目では、ともに満足層が半数以上(53.1%、51.0%)となり、不満層は10ポイントを割っている(ともに9.8%)。「支払保険料」は不満層と満足層との差は縮まるが、それでも満足はおよそ4割(38.2%)となっている。満足と不満がほぼきっ抗しているのが、「運用状況」と「生命保険会社からの情報提供」の2項目で、それぞれ満足層は20.6%、24.3%、不満層は20.0%、24.3%という結果になった。

以上の結果に対して、不満が満足を上回っているのが、「銀行や証券会社など、加入した窓口やその販売員からの情報収集」「生命保険会社のアフターフォロー」「銀行や証券会社など、加入した窓口のアフターフォロー」の3項目。加入後の生命保険会社や加入窓口とのコミュニケーションに関して不満が大きいことが見て取れる。

(3)「検討層」はおよそ6割、情報収集はインターネットで
今後の生命保険への新規加入や、現在加入している生命保険の見直し・検討に関する質問では「既に検討し、新規に加入した」「現在検討している」「将来は検討したい」の3回答を合わせた"検討層"は、計57.1%に上った。
検討の「目的」としては、「医療費や入院費のため」(71.5%)、「万一のときの家族の生活保障のため」(54.8%)、「災害や交通事故などに備えるため」(30.4%)といった回答が寄せられた。 また、検討する際の「目安」でトップとなったのが、「支払保険料が安い」で63.0%。「希望にあった生命保険」(40.4%)、「信頼できる会社」(31.3%)がそれに続いている。
検討の際の情報収集の方法でダントツに多かったのが、「インターネット」(76.5%)で、「生命保険会社の情報提供」(34.0%)、「友人や知人等からの口コミ」(22.8%)などの回答を大きく引き離した。

(4)今後の生命保険加入にあたっては資料収集、加入ともインターネットの利用が優勢
興味深いのは、「資料収集」「相談・検討」「商品の選択」の各段階におけるインターネットの利用動向だ。
「資料収集」では、ほとんどの回答者がインターネットの利用意思があるのに対し、「相談・検討」の段階では、セールスパーソンや窓口から情報収集をするという回答がインターネットを上回っており、「商品の選択」の段階になって再びインターネットがセールスパーソンや窓口よりも優勢となっている。
ネットとリアルをうまく使い分けて情報・資料収集をしながら、最終的には自らの意思で加入を決定するという傾向が見て取れる。
さらに、「今後生命保険を検討するならば、どのような方法で加入しようと思いますか」という質問でも、「インターネット」という回答がほぼ半数(49.8%)を占めた。情報収集、加入手続きの両時点において、インターネットの存在感が増していることがわかる。
なお、「インターネットで生命保険を検討する際の問題点」に関する質問では、「インターネットは情報が多すぎて、どの情報が正しいかよくわからない」(49.9%)、「自分にあった生命保険を説明・設計してもらえない」(41.2%)、「生命保険は分かりづらいので、専門家から直接話を聞いた方がよい」(40.6%)がトップ3の回答となった。
(出典:JCN NETWORK より)